『AIR PLANE』カラオケPV






 

8月カラオケ配信予定『AIR PLANE』のカラオケ用PVで故郷の埼玉坂戸に帰ってきました~!!ここはもちろん僕の育った場所ですし、心の故郷です。

この場所に帰ってきてこの景色を眺めるとパワーをもらいますし、時間が止まります。むしろ時間が逆再生のように動き出して、泥だらけになった幼少の頃や青春時代の恋愛の淡い想い出が…。今でも鮮明に映り思い出されます(笑)

 



 

 

 

また当時のメチャクチャ懐かしい記憶で、笑えるんですが…目頭が熱くなるのはなぜでしょう?

…今想えば、もっと地元で音楽、シンガーとしての基盤を築くはずだった。もっと地元に根付いた音楽活動を展開すべきだった。僕はこの街できっと不完全燃焼だったんだと想います。18歳で音楽の夢を持ったまま自衛隊に入隊し…不完全燃焼のまま故郷を離れて。東京という場所に住み着き10代の頃に思い描いた夢を一人追い続けてきて。。

もしかしたらこの涙は当時の自分に、デビューはしたからな!という最低限のメッセージを伝えたかったのかもしれないっす。

 



 

都内にどんだけ長く住んでいようが…僕の故郷は紛れもなく坂戸。だから節目の楽曲『AIR PLANE』のカラオケPVは、周りからいろいろ規制はありましたが、この故郷の映像をどうしても映したくて、また残したくて。

 


 

 

 

 

 

 

 

地元のみなさんをはじめ、エールを送ってくだってる方に本当に感謝しています。

また2016年10月に閉店してしまったイトーヨーカドー坂戸店。ニュースで事実を知った時衝撃と名残惜しさが混ざり合ったような気持ちになりました。故郷の想い出が一つ消されたような感覚でして。

イトーヨーカドー坂戸店にあった新星堂さんにおいてはインディーズ時代、地元出身アーティストとして応援をしてくださって今でも本当に感謝です!!地元アーティストと地元レコード店が密着しているところに地元文化や地元から音楽の発信を身を持って感じさせてもらいました。

 


 

今もそうですが、当時のイトーヨーカドー新星堂坂戸店の店長さんには頭があがりません。その後都内の店舗に行かれたそうすが、元気でいらっしゃるんでしょうかね。すごい気になります(笑)

僕はここの新星堂坂戸店には音楽を触れ合う若い頃から…もちろん僕だけじゃなく、地元の同世代はここのレコード店に必ずと言っていいほど通ってたことでしょう。故郷と音楽、レコード店は今も昔も繋がっているということです。

 

この街に生まれてよかった。この街で育ってよかった。『AIR PLANE』と同時にどうか地元のみなさん、また応援してくださっているみなさんどうぞ聴いてやってください。故郷の映像とともに。

『AIR PLANE』は90年代を題材とした自分の想いを描いているような楽曲…全てが乗り移ることでしょう。

僕の感情もこの楽曲に宿すつもりです!!

 

 

 

 


Filed under: diary — 橋本 大翔 00:51
コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment






このエントリーのトラックバックURL: